スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クドわふたー感想と宇宙ビジネス・宇宙飛行士

 クドわふたー いちおう全てのシナリオ(まぁ一本道だったけど)が終わりました。
 
 どうして麻枝さんが「クドアフターでなくクドわふたーなら許す」と言ったのかが何となく理解できたような。。。できてないような。
 とりあえずネタバレ無しの方向で簡単に書いていきます。
 
 

 まぁ中身はある程度の予想通り、クドとわふわふする物語でした!
 ・・・とはもちろんいかず。
 Keyらしく登場人物である椎菜と氷室さんの問題も織り交ぜながら進んでいく展開でした。
 しかし、メインはもちろんクドのストーリーですよ?

 そのストーリーでも普段の日常でも、どこかのインタビューであった「リトバスとは違う面の彼女。前向きでひたむきだけど、弱くて強いそんな女の子」が描かれていて、つい僕はどうしても智代を思い出してしまったんですよね。強くて万能だけど、ひたむきにまっすぐすぎて、そんな時に崩れ落ちちゃう強くて弱い(弱かった?)女の子。

 クドだけでない皆の「想いを伝える」というその目的の為、手段となる事になった様々な形のロケット
 
 麻枝さんがわふたーなら許すと言ったのも、そこの智代と多少の区別をつけたかったのかなっていう勝手なイメージ。会社全体で多少驚かしたかったというのもあるとは思うけど
  


 ちょっと話はそれますが
1278831166_picsay-1278831166.jpg
 以前にこんな特集記事がありまして、どちらかというとビジネス誌なのでどうしてもそういったそれに付随するビジネスやテクノロジー等が紹介されています。
 しかし、もちろんアメリカ・ロシアの宇宙政策・開発の歴史も織り交ぜ、現状のカネの問題(氷室さんの分捕る発言にも通じる?)や政策の現状等がまとめられていて、事業仕分けだとか、今後日本は技術を海外に売り込むだとか、太陽系探索に力をもっと入れるべきだと色々書かれています。
 『ナノハナ』じゃないですが「まいど一号」のちょっとした話とその東大阪の次なる宇宙への作戦(!?)と先日帰ってきた「はやぶさ」についての脅威のストーリーがまとめて載っていてかなり勉強になる内容でした。
 
 あと、かなり興味を引いたのが宇宙飛行士の山崎直子さんのご主人のお話
 当時お互い宇宙の仕事についていたけれど、結婚して、娘が出来て。直子さんが宇宙に上がるために色んな問題が出てきて、そしてご主人は仕事を辞める決断をしたり。さらに家族で渡米することになったけど、ご主人は仕事が認められず(就業許可が下りず)主夫としか支える事ができなかった。
 と、様々な苦労や困難があったそうです。
 
 これは勝手に理樹とクドをイメージしちゃいますねww
 クドわふたー後にこれ読んで「把握した」ってのは多少ズレもあるような気もしますが…www
 
 実にKeyらしい作品でした!音楽もよかったですし、内容もめちゃくちゃ暗い内容でなくてよかったですし……まぁしいて言うならクドの話でロケットや宇宙の専門的な話が多く解説的なのがちょっとキツい方にはキツイのかなぁなんて思いますがww
 あと実際にプレイしてもらえると余計最近のKeyっぽさが伝わると思うんですよね。
 おそらく将来、Hシーン無しで販売されるとは思うんですが、18歳以上の方は是非プレイしていただけたらなぁと思います。そこまで長い作品でもないので。


  
 あ、せっかく感想書いたんだから一緒にクドわふの絵描いて載せればよかったよね……orz

 
クドわふたー 初回限定版クドわふたー 初回限定版
(2010/06/25)
Windows

商品詳細を見る


スポンサーサイト

クドわふたーについて簡単レポ

 クドわふ買いました。←挨拶
 今さらですが発売日当日のレポでもちょっと簡単に書いていきますね。と言っても仕事終わりの夕方レポですので、御了承いただきたく思います。


 しかし、実はToHeat2以来約2年半ぶりの深夜販売だったんですよね。東京に馬場社長がいらっしゃったりしてたようですし。日本橋はゲーマーズが深夜販売してらっしゃったんですが、ソフマップも通常より早めの開店を行っていたようで気づかないうちに大きなイベントになっていたんだなぁとおもったり。
 智代アフターは発売日に買えなかったんでわからないのですが、クドわふよりは穏やかだった気がします。
リトバスってホントにいろんな展開ができますし、NA-GAさんをメインに置いたことで話題性や盛り上がりができて、クドわふは 『クドが大好きだ!』 というような鍵っ子以外のファンが思ったより多いんじゃなかろうかと思っています。


そんなわけで各店の様子でも
1277563464_picsay-1277563464.jpg
こちらは既に有名なゲーマーズにて、店看板は以前からですが店頭上のモニターもクドわふopとクドわふ一色でした。


続いてとらのあなにいく
……も販売しているコーナー自体が分からんくて、AB!特設コーナーだけ有りました。

しかし
1277563556_picsay-1277563556.jpg
メロンブックスは入り口付近の壁がクド一色でしたw

アニメイトは入口のみでわからず……
日本橋メディオ!は店内にグッツと一緒に販売して、トークショーの案内もやってました
1277563530_picsay-1277563530.jpg
行きたかったなぁ、どなたかレポされてませんか?(>_<)


そしてソフマップ、僕はココで限定版を買ったんですがこんな素晴らしい紙袋がもらえました!!!
1277563592_picsay-1277563592.jpg

(*^ω^)

ちなみに販売現場の5階はゲームコーナーを一周する程の列が出来ていました。
まぁクドわふとは予約者だけ4階でも購入できるそうで助かりましたがwww

そして雨のなか紙袋抱えて帰りました。
こんな発売日の日本橋でしたーwwwww



 一応アフターだけどリトバスの『あの話』が無いルートだからアフターだけどアフターじゃないとも思っています、だからわふたーなのかな?
 智代アフターと違って付き合っている事自体に初々しさがあって、これはこれで面白いですし。
 ストーリーは目標に向かって進んでいく一人に……って展開になるのかな。勝手な予想になるのですが(以下勝手な妄想なので注意)今の考えではでなく一緒に行こう!ってなるのがKeyじゃないのかなぁなんて予想や、はたまた後ろから支えてやるって意味でそらへと届け、となるのか……どうであれ楽しみにプレイしようと思っていますw 


 あ、Rewrite体験版についてはまた後日。。。AB!も終ってしまったから後日書きますよ!
 
 

 ・ロリエロゲー「クドわふたー」深夜販売 千数百人がアキバに集まる <アキバブログさま>
 日本橋じゃないですが、秋葉原の様子でもw

クドわふたーOPムービー公開

 と、いっても以前のV.I.Pクドわふたースペシャルを参加し・ニコ生を見た方や、秋葉原・日本橋で行われたクドわふスタンプラリーに参加された方はご存知と思いますがwwwかわいいOPが店頭でも公開されましたね!
 椎名が今やっぱり一番人気ですか?絵柄上、Na-Gaさんはロリが似合いますね…(*´д`*)
 そんな公開されたクドわふたーOPがYouTubeでも見れますよ!



 
 http://www.youtube.com/watch?v=ZrdvseB6fmU



 もしリトバスの話が無くて…といった内容ですが、ある程度ベースは踏んでるみたいですね、ロケット云々って話や空(宇宙?)がセリフや映像から見て取れるんですよね。
 本編がアレでしたが、全く今回は一から話を作れるんで全く雰囲気変わるかも!?
 とまぁ、期待と不安が入り混じりながら発売日を期待して待っている僕なのでした。

クドわふたー発売日決定!&OPCDが発売

 クドわふたーの発売日は6/25の模様。 ソースはG'smagazineからとのこと。明日発売ですが
 
 そして、主題歌シングルCDが発売されるとのことです!!
 

 オープニングテーマを収録したマキシCDの発売日、そしてその予約開始日が決まりました!
 タイトル:『one's future』
 歌&コーラス:鈴田 美夜子
 作曲:清水 準一
 作詞:魁
 編曲:Manack
 監修:麻枝 准


 CDの発売日:2010年4月23日(金)
 CDの予約開始日:2010年4月1日(木)
 取り扱い店舗:全国PCゲーム販売店
 そしてそしてマキシCDには
 ・『one's future』
 ・『one's future Off Vocal instrumental』
 ・『one's future Off Vocal+chorus instrumental』
 麻枝 准コーディネイト版 『one's future -Let's Go Kud! ver.-』
 さらに先行告知ムービーで大好評のBGM 『adagio for summer wind』 も収録!

 クドわふblogより引用




 今日ソフマップ行ったらもう既にCD予約してたような…www
 とまぁ。思った以上に早いクドわふたーの発売日なのでした。
 予約は4月1日から全国一斉開始ですよ!!

 企画とか始まった時期を考えると、リトバス終わった辺りというから早数年になるんで、まぁ以前のインタビューとか見てると、過去のKey作品の製作期間と似たり寄ったりくらいの期間は取られてるのでまぁ妥当かなとは思いますが、それにしても予想以上に早い。僕は7月くらいだと思ってたんですが……あれ、もしかしてリトバスと発売月を合わせてきてるとか?
 リトバスまでのKeyは予定日には無理、間に合わないってイメージも強かったですが、リトバス・エクスタシーでは払拭してくれるくらいあっさり販売してくれましたし、今回も期待できるかなぁと考えております。イベントも立て続けに行っていますし、テンションが上がりっぱなしで迎えれるのかなぁと思います。
 
 馬場社長が『今年はKeyの年にしたい』と仰られてたように、2010年は記念すべきKey一色の年になるんでしょうか?
 
 そうなると年末くらいにはRewriteがだな……w


 そして明日はついに『KSL Live World 2010 ― way to the Kud-Wafter ―』の申し込み日になっておりますので、皆さんお忘れのないようにw

 公式リンク先:『KSL Live World 2010 ― way to the Kud-Wafter ―』申し込みページ


プロフィール

リィゼ

Author:リィゼ
絵を描いてる鍵っ子プリオタ。


めーる: rize0123☆gmail.com(☆を@に)
ご連絡やお仕事等はこちらへどうぞ

最新記事
Twitter
リンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。